たかぼー64のテレビゲームブログ

任天堂のレトロゲームからセガハード、プレイステーション、格闘ゲーム、ゲーム業界の話題。

ユーチューバーやってます。チャンネル登録よろしく

【OBS】僕のゲーム実況動画の使用フリーソフト、配信機材、配信手順、設定を紹介するよ!!


f:id:Taka64:20210125012648j:image

 

初期の配信ソフトはAdobeのFlashMediaEncoderを使っていたんですが、動作が軽いOBSに変えました。

生放送の時


Internet Explorer
FMEAutomator3
ニコ生コメントビューアー
棒読みちゃん
Lime Chat2
Flash Media live Encoder.
SCFH DSF041 x2
amarecotv310(x264vfwコーデック)


動画編集の時


aviutl plus 
(x264guiExプラグイン、Lanczos 3-lobed 拡大縮小プラグイン
any Video Converter
GOM PLAYER
つんでれんこ
GIMP2

全部フリーソフト(*´Д`)
アマレコTVはシェアウェアか…


使用機材


安い液晶テレビ
ELPA ASAL 302S AVセレクタ
VAIO Windows8.1パソコン(core i3 HD4000 容量500GB メモリ8GB)
GV-USB2ビデオキャプチャ
TASCAM US-366オーディオインターフェイス
audio-technica AT2035コンデンサーマイク
ロジクール C270ウェブカメラ
iPodTouch 5


まず、ニコニコ生放送でゲームして楽しいのが第一。
ニコ動にゲーム実況動画を上げても…結局一方通行なんだよね。
だから、ニコ生でまずゲーム配信。
同時にUstreamも流す。それを、FMEで丸ごと録画。
ゲームをクリアし終わったら、

それをany Video ConverterでAVI形式の動画に変換。
以前は、f4vファイルをf4v post processorコマンドプロンプトでflv形式の動画ににしてたんだけど…
どうもflv形式の動画を編集すると音ズレするのね。
ドラゴンボールの強襲サイヤ人とか(クリア途中で放置中…)は
flv編集ソフトを使っていたんだけれど…
編集ソフトはカットくらいしか出来なくて…やめました。
出来上がった動画も、音ズレしていたりして…

 

AVI形式の動画に変換して、色々出来るAviUtlに落ち着きました。

そして…大きなファイルで動画を書き出して…つんでれんこでMP4に変換していたんですが…
x264guiExプラグインが結構良いんですよね。

以前もAviUtlでMP4に書き出したけれど…音ズレしちゃって…
AVIで書き出して、強力な音ズレ補正機能があるつんでれんこでMP4にしていました。

でも最新のバージョンだとx264guiExプラグインの音ズレは直っているようで…
昔のバージョンは「YouTube」「ニコ動」なんてプリセットすら無かった。(気がする)
今は、かなり使いやすいですね。

で、ここでLanczos 3-lobed 拡大縮小プラグインの出番。
無理やりサイズを、 16:9は1280x720 4:3は1280x960にします。

そうするとYouTubeビットレートが高いHDで投稿できます。
最近はニコ動もHDに対応したので、100MB以下(一般会員は40MB以下)ならそのままアップロードできます。

YouTubeはファイル容量制限も無いし…

x264のYouTube用プリセットで出力したMP4をFree Video Editorで分割して、ニコ動用につんでれんこでエンコードしたら音声が変になってしまったので…

素直にAviUtlのMP4出力機能でエンコードしました。




2020/06/19追記

主な使用ソフト

Google Chrome
Internet Explorer
やりますアンコちゃん
棒読みちゃん
各種ボイスロイド
OBS STUDIO
Moo0 動画カッター v1.00
MPC BE x64
CLIP STUDIO PAINT
MSペイント

使用機材


安い液晶テレビ
ELPA ASAL 302S AVセレクタ
BenQ4Kモニター
VAIO Windows8.1パソコン(core i3 HD4000 容量500GB メモリ8GB)
GV-USB2ビデオキャプチャ
Elgato Game Capture HD60 S
TASCAM US-366オーディオインターフェイス
audio-technica AT2035コンデンサーマイク
ロジクール ウェブカメラ C920n
シャオミ Redmi Note 7 Global ver. SIMフリー


僕の動画配信環境の流れ。
試行回数しました。


①OBSを起動。
棒読みちゃんを起動
③各種ボイスロイドを起動
④グーグルクローム(またはインターネットエキスプローラー)でニコニコ動画にログイン後、ブラウザで公式の機能を使い配信(最大6時間まで延長してもよい)
⑤やりますアンコちゃんを起動
⑥コントロール:配信開始をクリックして動画配信。
⑦コントロール:動画配信後、配信終了をクリック
⑧録画したファイルをMPC BE x64で確認。切り取りたい時間をメモなどする。
⑨Moo0 動画カッター v1.00(またはAviUtl)を起動し、時間を指定してカットして動画編集。
⑩ユーチューブに投稿。

読み上げの設定などは
VIPで初心者がゲーム実況するにはブログ様
【ニコ生】棒読みちゃんでコメントを読み上げるための設定方法
https://vip-jikkyo.net/nicolive-bouyomichan


僕の環境のOBSの設定メモはこちら↓

【一般】
ほぼデフォルト

<出力>
配信時に自動的に録画:チェックをオン
配信が停止しても録画を継続:チェックをオン


【配信】
サービス:カスタム
サーバー:ブラウザのニコ生の「URL」をコピペ
ストリームキー:ブラウザのニコ生の「ストリームキー」をコピペ


【出力】
出力モード:詳細
音声トラック:1
配信タプ、エンコーダ:QuickSync H.264
ストリーミングサービスのエンコーダ設定を適用する:チェックつける
出力をリスケールする:チェック外す
ターゲットの使用法:balanced
プロファイル:main
キーフレーム間隔(秒,0=自動:2
非同期深度:4
レート制御:CBR
ビットレート:2500

録画
種別:標準
録画ファイルのパス「参照」で録画ファイルの作成場所を指定
スペースなしのファイル名を作成チェックボックスはなし
音声トラック:1
エンコーダ:QuickSync H.264
出力をリスケールする:チェック外す
カスタムマルチプレクサーの設定:なし
ターゲットの使用法:balanced(重い場合は、ターゲットの使用法をspeedに変更)
プロファイル:main(重い場合は、プロファイルをbaselineに変更)
キーフレーム間隔(秒,0=自動:2
非同期深度:4
レート制御:CBR
ビットレート:2500





【音声】
サンプリングレート:48khz
チャンネル:ステレオ
デスクトップ音声デバイス:規定
デスクトップ音声デバイス2:Disabled
マイク音声デバイス:ライン入力(TASCAM US-366)※オーディオインターフェイス
マイク音声デバイス2:Disabled
マイク音声デバイス3:Disabled
マイク音声デバイス4:Disabled
音声メーターの減衰率:速い
ピークメーターの種類:サンプルピーク

映像キャプチャデバイス
マイク
デスクトップ音声

プッシューミュートを有効にする:チェック外す
プッシューミュート遅延:0ms

【映像】
基本(キャンバス)解像度:1280x720
出力(スケーリング)解像度:1280x720
縮小フィルと:バイキュービック(先鋭化スケーリング、16のサンプル)
FPS共通値:30

【詳細設定】
<一般>
プロセスの優先度:通常以上
<映像>
レンダラー:Direct3D 11
カラーフォーマット:NV12
YUV色空間:601
YUV色範囲:一部
<音声>
音声モニタリングデバイス:スピーカー(TASCAM US-366)※オーディオインターフェイス
Windowsの音量を自動で下げる機能を無効にする:チェックをつける
<録画>
ファイル名書式設定:%CCYY-%MM-%DD %hh-%mm-%ss
ファイルが存在する場合は上書き:チェックを外す
自動的にmp4に最多重化:チェックを外す
リプレイバッファーのファイル名の接頭辞:Replay
接尾辞:なし
<遅延配信>
有効にする:チェックを外す*重要
継続時間(秒)概算メモリ使用量:1MB
再接続時にカットオフポイントを保持する(倍加遅延):なし

<自動的に再接続>
有効にする:チェックを外す
再試行の遅延(秒):10
最大試行回数:20
IP選択:規定
 
ミキサーの歯車マークから
【オーディオの詳細プロパティ】
マイク
音量100%
モノラルにダウンミックス:チェックをオフ
バランス:中央
同期オフセット(ミリ):15 ※僕の環境の場合。要調整
音声モニタリング:モニターオフ
”映像キャプチャデバイス”または”GV-USB2”など:モニターのみ(出力はミュート)
トラック:すべてチェックをオン
 
”映像キャプチャデバイス”または”GV-USB2”などの音量:半分ほど ※ゲーム機により要調整
 
デスクトップ音声:ミュート
ウェブカメラの設定
 
ソースの歯車マークから
映像キャプチャデバイス
バイスLogicool HD Pro Webcam C920
無効化
映像を構成
解像度/FPSタイプ:カスタム
解像度:1280x720
FPS:30
映像フォーマット:任意
YUV色空間:規定
YUV色範囲・」:一部
 
重い場合は画面右クリック「プレビューを無効」
 
↓最新の環境ではこんなにキレイに配信できるようになりました。